読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アスタライトが選ぶ 輝く!韓国レコード大賞2016

昨年の今日12月30日は、my best 推しメン of lifetimeこと小西彩乃さんの東京女子流脱退および芸能界卒業があった日でした。3年前から毎年行っていた大阪女子流忘年会も今年からは欠席です。

そんなこともあり、今年一年は完全に日本のアイドルシーンに対してアンテナを張っておらず、昨年からの傾向でKにばかり目を向けていたわけでして、ベストディスクもほとんどオタクと被ってるし覚えてねえなって感じです。

 

というわけで、(精神的)アスタライトが選ぶ、K-音楽シーンで今年よかったという曲をMAMA(M-net Asian Music Award)風に発表していきたいと思います。

 

・女性アイドルグループ部門

TWICE - TT

www.youtube.com

MAMAの女性部門でも最優秀賞を獲得したことで、デビュー二年目にして名実とともにKのアイドルシーンの頂点に君臨したTWICEのこの曲が文句なしで今年の一曲でしょう。筆者もMAMAのライビューで爆沸きしました。

もともと曲の中に特徴的な、耳に残るフレーズを入れたカラーポップが得意でしたが、この曲で爆発した感じですね。エロさ・ビジュアル・曲・ダンスどれをとっても最高点(まあ誰とは言わんけどブスもいるが)

余談ですが、韓国でも人気爆発中で写真展には長蛇の列ができています。あっちのオタクもジャパニーズトラディショナルアケカスおじさんと変わらないルックスでありえん笑顔になりました。

 

・女性"アーティスト"部門

BLACKPINK - WHISTLE

www.youtube.com

”アーティスト”という言葉には一家言ある側のアスタライトも認めざるを得ないYGの新人グループBLACKPINK

女子流がカワイイ卒業宣言をした一方で、デビュー時から BEYOND KAWAiiを掲げるっつー強化版2NE1って感じのグループ

ていうかBPがアーティストじゃないなら、女子流なんてゴリゴリのアイドルだろ、庄司RADWIMPS聞いてる場合ちゃうぞ

まじで新人か?というくらい洗練されており、VETEMENTSやUNDERCOVERなどラグジュアリーストリートブランドを着こなすNYLON prodのビジュアルにTEDDYらしいYG伝統オラつきHIPHOPサウンドが最高です。

同世代女子の憧れで曲もイケてるオシャレなグループって女子流のなりたいイメージを完全に再現してますよね(ここで襲撃してきたアスタライトを古参仕様のピンクのペンライトで撃退する)

 

・女性ソロアイドル部門

Tiffany - Talk

www.youtube.com

少女時代のティパ(ソシペン特有の呼び方)のソロアルバムからの一曲。

ソシの中でもティパがダントツでスケベだと思っているのですが、スムースでセクシーなR&Bになると彼女のコケティッシュな魅力が溢れて、股間が元気になりますね。

表題曲 「I just wanna dance」での健康的な美しさも好きですけど、やっぱりこっちですね。

 

・ベストデュエット部門

SUZY&BAEKYHUN - Dream

www.youtube.com

最近ではmissAよりもソロの活動の方が主になってる国民的女優スジと国民的アイドルグループEXOのベッキョンによるデュエット曲。シンプルなジャズテイストの曲ですが、それが双方の歌を引き立たせており、いい感じ。MAMAでは二人の息のあった歌唱と見た目の美しさに惚れ惚れとしてしまいました。

こういう仕事を国民的存在がデュエットでやってしまうことに、韓国との音楽的体力の差を感じてしまいましたね・・・

 

ノミネートされるも惜しくも受賞を逃したデュエット曲も紹介しておきます。

Park Kyung - Inferiority Complex feat. Eunha from GFRIEND

www.youtube.com

ウナちゃんはあぁちゃんにほっぺたの感じが似てるから好き(死〜ん)

 

・女性ラッパー部門

Heize - Shut Up & Groove Feat. DEAN

www.youtube.com

アーバンでグルービーなサウンドの中、高速をオープンカーで流してくMVがもうね、好きっす。DEANの絶妙なファルセットいいですね〜

Heizeはラッパーですけど、歌唱力も半端ないです。

最近は完全にLDHファミリーと化したVERBALさん、こういう仕事を期待してます!

あとサ上と中江が大した仕事もせず、いつの間にか解散していた。

www.youtube.com

 

・男性ラッパー部門

Bewhy - DayDay

www.youtube.com

MAMAで一目惚れしたラッパーBewhyの爆沸きする一曲。

変なボウズ出てきたし、トイレタイムかな〜と思った今日一やばいチューン来たやんけ!とガン踊りました。ブレない高速フロウと溜めの作り方が上手く、ファンキーなトラックと最高のシンクロを起こしていますね。

日本もフリースタイルダンジョンでにわかに勢いが出て来てますが、HIPHOPに関してはバンドと同じくらい若年層に市民権を得ており、完璧に根付いてる韓国に対して少し遅れてるような気がします。

韓国のテレビ番組Show Me The Money出演勢は音源も多いのに対して、高校生ラップ選手権勢は音源はゴミみたいなのばっかですよね・・・(突然の高ラdis)

 

・男性アイドル部門

SHINee - 1 of 1

www.youtube.com

個人的にw-inds.と挑戦ジャンルが被っており、ライバルだと思っているSHINeeは前作MTTMから引き続き90's路線。とにかくハッピーでキラキラしてるSHINeeに合ってる。

この曲の印象は、衣装からも意識される通りのお手本のような90'sの解釈で、めっちゃフルハウスみたいなコメディーの主題歌になってそう!と思いました(わかるひとだけわかって)

やっぱり90'sとブラックミュージックは最高、女子流のLimited addictionは至高!

 

・男性ソロアイドル部門

Jonghyun - AURORA

www.youtube.com

SHINeeのジョンヒョンのトータルプロデュースのソロアルバムからの一曲。

このアルバムがまた全曲色んなジャンルに挑戦していていいんですが、このスムース&スロウなR&Bは、こんなにフェイクの使い方がうまいアイドルがいていいのかと衝撃を受けましたね。このフェイクの使い方は、多分ディアンジェロを意識してるんじゃないかな。

女子流からもこういうソロ曲やってくれる子が出て来ませんかね、まあRADとかしょーもねーのばっか聞いてるし無理か。

 

・男性アーティスト部門

DEAN - 21

www.youtube.com

韓国の新世代R&BプリンスDEANの韓国デビューアルバムからの一曲。

EXOへの楽曲提供やアメリカデビューなど、面白い方向からキャリアを積んで行ったシンガーでルックスもいいので、アイドル扱いされていますが”アーティスト”です。

筆者も来日公演であるグラミーノミニーstaRo氏主催のクラブイベントに行きましたが、完全にクラブ慣れしてない DEANギャルが最前地蔵組合(韻踏合組合みたい)しており、前のアクトがやりづらそうにしてて笑いました。

某氏曰く、DEANは紛れもなくアーティストだが、客はオタク。

えっ、それって女子流の現場じゃねーか(アスタライトはみゆちゃん公認の地蔵です。)

歌もとんでもなく上手いし、ルックスも最高なんですが、パフォーマンス中の奇妙な動きが一番印象に残っております。それでもギャルはキャーキャー言うてましたが。

 

 

まあ、ほぼ有名どころで埋まっちゃいましたが、来年も韓国のミュージックシーンは楽しみですな。やっぱり正直なところ、彼らに対抗できる女性ダンス&ボーカルグループは日本には東京女子流しかいないと思っています。

ライジングプロダクション 10 BEST SONGS 2015

順位に違いはあれど、各音楽メディアやみなさんが公開している今年のベストディスクの内容とほとんど一致しており、オリジナリティがないなというのが正直なところなので、音楽全般のベストディスクは放棄しました。

 

というわけで、今年3月のw-inds.のファンクラブツアーから始まって12月29日のRISING FES 2015-2016まで私の2015年を彩ってくれたライジングプロダクションのアーティストの楽曲で今年の10曲を発表します!!!

 

10. Lead - スーパーディスコ

www.youtube.com

 

タイトルはめちゃくちゃダサいですが、東京女子流でおなじみの松井寛氏の如くドラムとベースが唸る重厚なディスコサウンドが最高です。Leadはメンバーも制作にメンバーが積極的に関わって行く体制であり、作詞はメンバーの古屋くん(センター)が担当しています。

20代後半の男性グループにしか出せない色気があって、こんなの実際に見たら絶対好きになってしまいますね。

2008年に出した「Night Deluxe」もディスコティックな作品でしたが、年を経た今の彼らには当時よりもハマっています。

 

9. フェアリーズ - Kiss Me Babe

www.youtube.com

 

ポップなエレクトロサウンドから、Aメロのファンクな展開と野本空の低音で掴みに来るスタイリッシュなチューンです。恋する妄想しがちな女の子を描いたキラキラした歌詞は同世代受けしそうですね。あとPVの伊藤萌々香さんがエロい、最高。

 

 

8. MAX - #Selfie 〜ONNA Now〜

www.youtube.com

 

デビュー20周年を迎え、衰えるどころか勢いが止まるところを知らないMAXのヒャダインプロデュースのDOPEな一曲。これまで「Tacata'」や「情熱のZUMBA」など世界的にヒットしたダンスミュージックを日本語詞でカバーしているMAXですが、初期の代表曲「TORA TORA TORA」と結局は同じことをやってるんですよね、ブレない。

 

 

7. 三浦大知 - FEVER

www.youtube.com

 

もはや説明不要の日本を代表するエンターテイナー三浦大知の最新アルバム「FEVER」のタイトル曲。彼のR&B歌唱と振り付けがとてもセクシーです。正直「FEVER」はこれとシングル曲以外はピンと来ない作品で、前作の出来から期待値の高かったファンからも不評でした。

しかし、FEVERツアーでパフォーマンスを見ると楽曲の良さを何倍にも増幅したステージで本当に感動したので、三浦大知の曲を単体で評価するのはあまり意味のないことかもしれないです。(コンセプト崩壊)

 

 

6. KEITA - If you were my girl

www.youtube.com

 

 w-inds.のメインボーカルである橘慶太の2枚目になるソロ名義作品から1曲。

今作ではKEITA自身が作詞・作曲・編曲まで手掛けており、マルチな才能を発揮しています。

歌って踊れて、曲も作れて、嫁が松浦亜弥って天は何物を与えたんだ、橘慶太よ。

疾走感のある現代的なファンクで、本隊であるw-inds.で長期的なテーマとしていたレトロモダンサウンドをソロにも持ち込んだ作品となっています。

ソロでのパフォーマンスはw-inds.以上に踊るのでこれはライブで見るのが楽しみ。

そもそもこの路線は予てからのKEITAの希望だったらしく、「Get Lucky」の世界的流行に先を越されてしまった!と悔しがっていたそうです笑

 

 

5. w-inds. - FANTASY

www.youtube.com

 

w-inds.の2015年第一弾シングルです。

傑作と各方面から評価された前作「Timeless」から、次はどう出るか?という期待に完璧に応えてくれるアイドルにルーツがあるw-inds.だから持ち合わせる”可愛さ”や”親しみやすさ”が盛り込まれたハッピーなファンクチューンです。

かといって同じことをアイドルであるジャニーズがやろうにも、ジャスティン・ティンバーレイクばりの高度なファルセット歌唱は日本では橘慶太くらいしか出来ないので、この路線は実質w-inds.の独壇場というわけなんですね〜

 

 

4. フェアリーズ - Mr.Platonic

www.youtube.com

 

初めて聞いた時にイントロ始まって5秒のカッティングで「あっ・・・イイキョク!!!」と反射的に絶賛してしまいました。橘慶太くんも絶賛の作品です。

The 1975の「Love Me」もそのパターンですが、最初の数秒で勝負を決められる曲ってやっぱ強いです。

 

フェアリーズとしてエレクトロファンク、ディスコ調のサウンドは外見が少女から大人の女性になりつつあるメンバーにハマっており、大人っぽい楽曲が今後も増えて行くことを期待しちゃいますね。だって伊藤萌々香さんがエロすぎるんだもん。

 

3. 三浦大知 - ふれあうだけで 〜Always with you〜

 

www.youtube.com

 

FEVER収録曲ということで2015年のランキングに含めました。 

この曲については言うことなしです。実際にコンサートに行って聞いてみて下さい。

 

 

2. Lead - 約束

www.youtube.com

 

Leadの史上最強の応援ソングというテーマの2015年第二弾シングル。

イントロの美しいピアノの旋律、ストリングスを散りばめた爽やかなメロディーに力強い歌詞が載っており、聴き心地の良い曲となっています。ジャンルとしてはJ-POPに分類されるでしょう。

Leadの曲はEDMやレトロモダンファンクなどトレンドの一歩先を抑えたw-inds.と比べて、尖ったところのないサウンドが多くあまり響きませんでした。

しかし、多くは言いませんが私自身年末にとても辛い別れがあり、この曲にめちゃくちゃ救われました。こういうJ-POPが一番心にスッと入っていくのかもしれません。

個人的な思い入れという点でこの順位をつけました。

 

 

 

1. w-inds. - I'm all yours

www.youtube.com

 

個人的2015年ベストアルバムw-inds.の「Blue Blood」収録曲です。ちなみにこの曲は私の中のベストトラックでもあります。

これまでティーンのアイドルグループという印象の強かったw-inds.もデビューから15周年を迎え、既にメンバー全員が30歳以上となりました。この曲で大人になった一味違うw-inds.のイメージを打ち出して行きたいと本人たちも渾身の楽曲です。

ドラムとベースの絡み、派手すぎずでも華やかさを与えるホーンセクション、良いアクセントとなるシンセ、橘慶太のボーカル、全てが絶妙なバランスでこの曲を構成しています。一言で言っちゃうと洋楽っぽいですね(爆)

多分20代の頃の彼らではこの大人の色気全開な曲は歌えなかっただろうし、年を取ることで音楽性に広がりが生まれるなんて素敵だなと思いました。あと、日本にこんな音楽をやってくれるグループがいることがすごく誇らしいです。

 

w-inds.は三月に両国国技館で15周年ライブをやるので気になった方は行きましょう、きっと最高のパフォーマンスを見せてくれます。

 

 

 

以上が私の選んだライジングアーティスト2015年ベストソング10選です。

 

ダンス&ボーカルグループ大好きマンなので、2016年の現場はライジングアーティストと東京女子流の二つになると思います。

Leadとフェアリーズがアルバムを出すはずなので2016年も楽しみです。

 

 

それではよいお年を〜